FC2ブログ







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

8月6日(TweetDeckのColumn配置)

折角ブログに記事として上げているのに、一言だけ書いて終わりというのはたとえ日記と言えど如何なものか。
1行での近況報告なんてそんなものツイッターでやれという話だ。


というわけで今日はTweetDeckについての話をしようと思う。(どういうわけだ)
TweetDeckの話というよりはcolumnの配置についての話。

というのも先日、
「TweetDeckでHomeの隣にNotificationがない奴の気が知れん」
というような内容のツイートを見かけて、Homeの隣にNotificationがない僕としてはなんだこいつとつい反抗したくなったので今回の記事を書くことにした。


以下追記↓
さて、TweetDeckの魅力の一つに複数カラムの同時表示がある。

メインのタイムライン、サブアカウントのタイムライン、リストのタイムライン、リプライや被ふぁぼの通知、アクティビティ、等々
これらを同時にチェックできる素晴らしいアプリであると言える

そんな素晴らしい機能ではあるが世の中うまくはいかないもので、一般的なPCで1画面に表示できるカラムはせいぜい4個程度が限界である。


ここで重要になってくるのがこのカラムの配置である。


そんなもの自分でカスタマイズしてこそではあるのだが、なんとなく惰性で初期設定のまま使っている人もいるのではないだろうか。

ほむほむ
↑初期設定の配置。

シンプルデザインだが、TweetDeckに手を伸ばすようなユーザーには幾分か物足りないようにも思う。
この記事の切っ掛けにもなった「Homeの隣Notification教」は初期設定を引き摺っている旧態依然な時代遅れとも言えるのではないだろうか(突然の過激発言)


ここでぼくは新たな可能性を提示しようと思う


Homeの隣Activity教である。

ほむ


どうだこの配置!!


すこし上の方に「Deckの魅力は複数カラムの同時表示だ」などと言っているが、実はそんなことは思っていない。
今時のTwitterクライアントは複数カラムの表示は当たり前である。モバイルアプリであるところのTheWorldですら複数カラムの同時ストリーミングをやっているのだ。

では、何故ぼくはいくつもあるアプリの中からTweetDeckを選んで使っているのか。

それはほぼ全てActivityにあると言える。

Activityカラムは、フォローしているユーザーのふぁぼ、フォロー行為、リスインが表示されるところだ。
この中でもフォローしているユーザーのふぁぼというのはとても面白い。

何故面白いかというと、お気に入りされるツイートの傾向として画像ツイートが多いのである。
画像というのはもちろんイラストも含まれる。

ここらで何が言いたいか勘付かれただろうか。


そう、ActivityにはRTはされなかったものの、ユーザーに評価された画像のツイートが流れてくるのである。

つまり、ディスプレイを眺めてさえいれば可愛い女の子の絵が勝手に流れてくるのである。

オタクとしてはActivityを見ない手はないのだ。

畢竟、Activityは常に目にする左側へ配置されることになる。

これで同時にHomeとActivityを監視できるようになる。
Notificationを4カラム目くらいに置いておけば通知を漏らすこともないし、3カラム目は自由枠となり応用も効く。
ぼくは3カラム目にリストを置いているが、この並びは流速が左に行くほど早くなるためストリーミング時の見た目がよい。
完成された並びであると言っていいだろう。

というわけで、TweetDeckをお使いのオタクの皆さんも是非Homeの隣Activity教に入信して楽よりよりツイッターライフを送りましょう。




いまひとつ締まらない気もするが日付も変わったので今回はここまで。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/08/07 00:09 ] 夏休みの日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://shimakobase.blog.fc2.com/tb.php/125-331f1bc6







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。