スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コミケに行く金がない

金がない

さておき、ドーブルの努力値考察ってやつをしてみようと思った
殆ど受け売りだけど

早速ドーブルの種族値を振り返ってみる

55-20-35-20-45-75
よわい(よわい)

全体的に低い

特に、BDが低すぎてHに全振りするとH>B+Dとなる事案が発生する

これをH=B+Dの形に近づけつつ有用性の高い振り方を考えようというのが今回の目的

※この記事はS性格補正全振りを前提に書いています

なお物理特殊の合計耐久を考えた場合H=B+Dが効率がいいというのは有名な話だが、その証明もついでに書いておくことにする
何故書くかというと、頭がよくなった気分になれるからである。


まず合計耐久値をyと置くと
y=H*B+H*D=H(B+D) である
H+B+Dは一定であるのでこれをXと置くと
B+D=X-H と書ける
これを代入して標準形にする
y=H(X-H)=-H^2+XH=-(H-X/2)^2+(X/2)^2
これは上に凸の二次関数のグラフだから、H=X/2の時yが最大値をとることがわかる。
Xを元に戻して
H=(H+B+D)/2 → H/2=(B+D)/2 → H=B+D
よってH=B+Dの時耐久が最大になる


高校数学の基本がこんなところで役に立つのである。感動
頭良くなった気がする

で、これを応用して努力値を効率よく振る

努力値であげることができる33ポイントのうち、HPにx割り振ると
y=(H+x)(B+D+33-x)
の二次方程式でかける。これを展開して整理して
y=-x^2+(B+D+33-H)x+H(B+D+33)=(x-(B+D+33-H)/2)^2+余り
これにドーブルの実数値を当てはめると
x=(55+65+33-130)/2 のとき効率がいいから
x=23/2 が正解
つまりドーブルのH実数値は単純計算で141か142が最も効率がいいということになる。
奇数だし141ということにしておこう
ここで143にして8n-1かつ16n-1にするのも選択肢としてありかもしれない

ここで余りの努力値22ポイントをどう振るか考える

以下追記↓
スポンサーサイト
[ 2013/12/27 12:40 ] ポケモンXY考察 | TB(0) | CM(0)

サファリ出現ポケモン(未完成)

この時期にもなると既出だとは思うんだけど、そもそも自分のためのブログなんだし細かいことは考えない

とりあえず記事に先立って表を一つ
ぼくのフレンドサファリ一覧表
※10/19で更新打ち止め


このぼくがフレンド50人集まったとかやばい(超やばい)
ついったー神ツールだった

ちゃんとサファリを選ぶ画面に出てくる枠通りに書いてます


簡潔に分かったことをまとめると
枠毎にランダムでサファリが構成されている
ということです

3体まとまって固定とか全部ランダムとかそういった仕様じゃないことは分かりました

分かったからどうなんだって言われるとそれまでだけど、知的好奇心マンだから仕方ないね
規則性見つけるだけでうれしくなっちゃう

とりあえず出現ポケモンだけまとめたものも作りました

出現リスト


大量にいる悪サファリで綺麗に3種類×3枠となっていたので計9種で確定かと思っていたのですが
エスパーで4種類目が出てきたのでその仮説は吹っ飛びました

タイプごとの偏りや出現する種類の偏りはサンプルがないので分かりません

うむ。わからないことだらけだ

とりあえず今回はここまで
このシートはフレンドが増えるたびに随時更新していくつもり
これ以上増えるかといわれると微妙


というわけで常時フレンドは募集してます
0318-7708-5275
↑コレ

コメントなり拍手なりツイッターのリプライなりで送ってくだされ~

スパム宜しくフレコだけ送りつけるのもアリです
[ 2013/10/19 05:53 ] ポケモンXY考察 | TB(0) | CM(0)

フェアリーオーラのダメージ倍率

XY始まりましたね

ぼくはゼルネアスを臆病31-/-(14)-31-30-31で捕獲してきました
メガホーンやインファイトなどの物理技が充実していますが、パワフルハーブジオコントロールとフェアリーオーラかつタイプ一致のムーンフォースが魅力的なので、臆病を選びました
とりあえずCSぶっぱかな


で、本題

厳選途中あまりにも疲れたのでフェアリーオーラの倍率をちょいと計算してみました


捕まえたゼルネアスのCとムーンフォースでくらったダメージを見ればすぐわかりますね
ただし計算式はBW*2時代のものに則っているため若干のずれがある可能性アリ


まず、捕獲したゼルネアスはC136。クソですね、リセット確定です
この残念なゼルネアスの餌食になった2匹のポケモンのDと被ダメージを見てみましょう

ビビヨン D75 145ダメージ
ファイアロー D99 50ダメージ(半減)

ムーンフォースの威力は95と決まっているので、早速計算

(1)もし、1.2倍だった場合
ビビヨンには 117-138ダメージ
ファイアローには 52-44ダメージ

ビビヨンには140以上のダメージが入っているので、明らかに1.2倍ではないことがわかりますね

(2)もし1.3倍だった場合
ビビヨンには 126-149
ファイアローには 48-57

1.3倍ならばどちらも矛盾しません
このことから、フェアリーオーラは1.3倍が有力

(3)もし1.33倍だった場合
なぜこのような数値を出したかというと、ツイッター上でちらりと見かけたからです

ビビヨン 129-152
ファイアロー 49-58

1.33倍もあり得る

ちなみに、1.4倍だとファイアローに対するダメージが合いません

1.3倍説と4/3倍説があり得ることがわかりましたが、1.33などという面倒な数字をわざわざ出さないと思われるので
ひとまずこの場は1.3倍ということで結論付けたいと思います


尚、サンプルはこの例示したものしか取っていないので信用性はさほど高くありません。
ですが、ネット上に溢れる推測や言いっぱなしなどとは全く異なる、最低限の参考にはなるデータであると思っています
より詳細な検証があるようでしたら、ぜひそちらの方を参考にしてみてください
そしてついでに教えてください
また、この記事で間違った箇所やよくわからない箇所には、意見してくれると助かります

ガセ情報には気を付けよう
[ 2013/10/17 15:17 ] ポケモンXY考察 | TB(0) | CM(1)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。